2012年11月19日

話題の電子ペーパーディスプレイを試す

E Ink が目に優しいというのでamazon Kindle Paperwhite を注文していたのだが、来年の発送だったので待ちきれず、いろいろ物色していたら(悪評だった)楽天kobo の改良版が発売され、こちらの方が自炊コミックを読むのに都合が良いうえ、即日入手できたので乗り換えることにした。
(同時に注文しておいたカメラのキタムラKindle は即納だったがキャンセルさせていただいた。)
coboGlo.jpg
わざわざ陽当たりのいい場所で撮影してみた。あたかも紙に印刷された活字を読んでいるよう。

聞いていたとおり文字はくっきりしていて標準のモリサワ・リュウミンが美しく表示できる。これならばWindows のフォントや縦書き表示に抵抗があった人でも受け入れられるだろう。
コミックは少年コミック単行本より小さく、文庫コミックを読んでいるようだ。それでも液晶画面に比べれば視野角を気にせず自由な体勢で読めるというメリットは大きい。

楽天のローカライズ商品にしては意外なほど(ハードの出来は)よろしい。が、普通の読書好きはAmazon Kindle を手にするのだろう。こちらはなかなかの評判らしく、ついに日本でも電子書籍が根付くかという予感がする。ただ、そんな人が間違ってもKindle Fire の方を手にしないことを祈りたい。

さて、電子ペーパーディスプレイは暗いところでも読み易さに変わりがない。アタシの場合、寝床に持ち込むことも多くなりそうだ。夜間の睡眠導入を妨げないであろうこの光ならば、無料で読める源氏物語Sherlock Holmes を読めば5分ともたずに眠りに落ちてしまうことだろう。
posted by ピーコ(日本猫) at 15:25| Comment(0) | 電気猫はネットショッピングの夢を見るか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]