2013年07月04日

Amazon Kindle fire HD 購入

R0011376.JPG
Amazon のKindle fire HD が12,800円になったので衝動買い。どうやら夏のモデルチェンジを見据えた値下げらしい。
これまでKindle はroot化しないと使い物にならないと思っていたのだが、そこまでしなくてもいろいろと使い道が多いことを知り購入に至った。
ちょっとした面倒を厭わなければほとんどのGoogle Play ソフトを動かすことができる。

二年前に買ったNEC LifeTouch L は進歩したアプリの要求肥大化に押し潰され操作することがストレスになっていたところだ。この手の商品はカバーだの保護フィルムだの周辺機器に金をかけず、二年程度で償却するくらいのつもりで使い倒すのが正解だ。ただし、起動ボタンが押しづらい最近の機種ではマグネットに反応するスリープ機能がついていて、これに対応したカバーだけは使った方がいい。使い勝手がすこぶる向上し、ちょっとした調べごとやAVアンプの遠隔操作(オーディオ機器のネット対応も進歩が凄い!)が全く苦でなくなる。

二年の間に進歩したCPUと液晶表示は現時点で最高のコスト・パフォーマンスで、さすがにこの値段でAmazon に利益は出ないらしいが、ピーコがAmazon に落とすコンテンツ代は楽天Kobo 同様、ごく少額に留まるだろう。タダで手に入るものが余りに多すぎるのだ。

posted by ピーコ(日本猫) at 13:02| Comment(2) | 電気猫はネットショッピングの夢を見るか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕は安価なWhite paperですが気に入っtます。ipadやiphoneも楽しいマシンだけどkindleはまさに本という感じ。目が疲れないし電池は長持ち、オフラインで使えるシンプルさが良い!
Posted by Roberto at 2013年07月04日 18:13
僕も読書はWhitePaper でないと無理。海外ではWhitePaper のちょっと大きめのが発売されたみたい。どんどん便利になっていく。使い倒さねば。
Posted by ピーコ(日本猫) at 2013年07月04日 18:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]