2013年07月09日

BD-1 リアサス交換

久々にBD-1 に乗ってみたらリアサスのエラストマーが粉々になった。この暑さのせいかとも思ったが経年劣化だろう。2000年の4月に買ったと記録しているので樹脂パーツが壊れるのは仕方がない。それにしても、最近乗らなくなったとはいえ、日本各地を旅した車体が折り畳みというギミックを有してなお問題がないとは恐るべき強固さである。

問題のリアサス純正部品はエラストマーに穴を開けただけのものが1500円する。さすが悪名高き輸入代理店のミズタニ自転車だ。ちなみに本体が現在いくらするのか調べてみたところ、169,050円(なぜか半端)になっていた。壊れたら二度と買えないところまでいってしまっている。
最近は自動車でもPCでも自分で直せそうなパーツはまずネットで同じことをしている人を探すことにしている。するとやはりすぐに見つけることができた。

300円でできるBD-1リアサスのリジット化

たった300円でしかもリジットに変更できるという。早速、近所のコメリでパーツを入手。135円で済んでしまった。先人の知恵に感謝。
bd-1 リアショック.jpg誰も塩ビの継手とは思うまい
posted by ピーコ(日本猫) at 16:44| Comment(2) | ラン・ピーコ・ラン(スポーツ関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乗り味どう?うちも粉々になったときにバネ式のサスに替えたけどちょっと柔らかいなあ。
Posted by Roberto at 2013年07月09日 17:11
赤いやつみたいにお尻のハネ返りがなくなっていい感じ。ちょっと硬いけどフレーム大丈夫かな?
Posted by ピーコ(日本猫) at 2013年07月10日 07:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]