2013年08月15日

ラ・ベットラ・ダ・オチアイ 富山

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店、ラ・ベットラのディナーに行ってきました。東京の有名店の味を富山で味わえ、予約も割と簡単に取れるとは嬉しいものです。

高志の国文学館の敷地内にあるので環境は抜群、夏はディナータイムでも庭の景色を楽しむことができます。夜はライトアップがあればなお良かったと思います。ラベットラダオチアイ.jpg

よくあるコース・メニューを選ぶのではなく、前菜、パスタ、メインをそれぞれプリ・フィックスド・カルテから選ぶスタイルで、プリ・フィックスとはいえその数は大変豊富、それぞれニ十はあったのではないでしょうか。これはア・ラ・カルトと言ってもいいと思います。
さらに、苦手食材の変更や調理方法の変更もできるようで、好き嫌いの多いフレブルちゃんでも完食可能な注文を出すことができました。

落合シェフの代名詞ともいえるカルパッチョと、うにのスパゲティを頼みました。味はまあ、普通でした。
前菜.jpg

うにスパ.jpg
リストにないものでも頼むと出してくれるようです。ワインがまだ余っていたのでデザートはチーズにしてみました。
チーズ盛り.jpg

銀座のお店でこの値段なら驚くべきコスト・パフォーマンスですが、富山にあっては、やや安い程度かと思います。その分、環境やテーブル間隔の広さに払っていると思うことにします。
posted by ピーコ(日本猫) at 10:12| Comment(0) | タベネコ(食べ物関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]