2013年10月25日

LINE14年夏東証上場か!?

日本経済新聞 LINEが14年夏東証上場へ 時価総額1兆円規模

LINE上場がいよいよ現実味を帯びてきた。
以前LINE 上場前に投資する方法で書いた親会社NEVERの株価はその後も順調に上昇を続け、この1-2ヶ月はその勢いが加速しているように見える。ちなみにSBI証券での売買高ランキングで常に一位であることから既に日本からの投資は充分に入っているようだ。
REUTERS NAVER Corpチャート

時価総額1兆円は株式発行時の想定だとすればガンホーと同等であり、はっきり言ってお買い得だ。上場フィーバーを考慮すれば初値から買われ過ぎの水準で推移する可能性がかなり高く、ノーベル賞で沸いた2012年のバイオ銘柄同様、こうした銘柄でバリエーションという考え方はもはや役に立たない。誰でも買える状態になるときにはとても正常な判断で手を出せる株価ではなくなっているだろう。

一方、NEVER はといえば、高くなったとはいえ、PERは40倍弱で、2012年12月期の営業利益約640億円の実績に対し2014年の予想は800億円。そのうちどの程度LINE の利益を見込んでいるのかはわからないが、こちらも着実に増加していくだろう。時価総額はLINE と逆転状態になりそうだし、鉄火場になるLINE より随分安心な投資だと思うのだが…。

この記事は投資を勧誘するものではありません。投資は自己責任でお願いします。
posted by ピーコ(日本猫) at 09:46| Comment(0) | 猫にもわかる経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]