2012年07月27日

ネバネバ系がんばる

最高気温が30度を越す毎日。
とにかく採れすぎて困る。細かいことは数えていないが、きゅうりは一つの苗で5-60本、茄子は2つの苗で7-80個はもいでいると思う。どの苗もまだ衰え知らずだ。
とまとはようやく色付きが良くなって収穫の最盛期に入った。こいつはいくら採れても困らない。難しかった大玉をやめてミニと中玉にしたのは大正解だった。とにかく手間要らずで良い実を生らせている。

さて、ようやくこの気温になってアフリカ原産ネバネバ系のオクラとモロヘイヤの元気が出てきた。こいつらは大器晩成型で苗が小さい頃はうじうじと育ちが悪いが一旦勢いづいてしまえば、後は面白いくらいに収穫できる。特にモロヘイヤの成長は凄まじく、日本原産の雑草よりも育ちがいい。寒くなれば勝手に枯れるので凶暴に増えすぎるミントやクローバーのようにならないところがまたよろしい。野菜の王様といわれるほど栄養豊富で味にクセがなく茹でればいくらでも食べられる。

写真は去年のオクラの花。ひっそりと短時間だけ咲いて4-5日後には実をつける。モロヘイヤは地味なので写真なし。
オクラの花.jpg
posted by ピーコ(日本猫) at 14:11| Comment(0) | 苗にケモノと書いて猫なのだ(ガーデニング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

ブルーベリー初収穫

去年、大長谷のブルーベリー農園で買ってきて大雪にもめげずに育ったずんどうBB2年生。

3-4年は株の充実に努め本格的に実らせてはいけない。かわいそうだが大半の花を摘んだ。今の時期、ホームセンターの売れ残りは小さな株がけなげに誰にも食べられることのない実を付けているがその反動で夏以降には枯れてしまうらしい。

数粒だけ残しておいた実が熟し始めたのでさっそく初めての採れたて完熟BBを味見してみた。素晴らしい!たった一粒でも初夏の日差しで凝縮された甘さと心地よい酸味が口中いっぱいに拡がった。食卓にたっぷり並べる日が待ち遠しい。しかし、それにはあの厳しい冬をまだ何度か乗り越えなくてはいけないのだ。

そしてやはりここにもかえる君が。
ブルーベリー初収穫.jpg
ラベル:家庭菜園
posted by ピーコ(日本猫) at 11:03| Comment(0) | 苗にケモノと書いて猫なのだ(ガーデニング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

とまと初収穫

直径4cmになったミディ・トマトが完熟。
鳥に食べられやすい場所なので気が気でなかった。味のほうも大玉に近いミニとの中間。本格的な収穫は来週かなぁ。
とまと初収穫01.jpg
あまがえるの子供が増えてきました。虫喰ってどんどん大きくなれ。
とまと初収穫02.jpg
posted by ピーコ(日本猫) at 06:45| Comment(0) | 苗にケモノと書いて猫なのだ(ガーデニング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする