2013年07月09日

BD-1 リアサス交換

久々にBD-1 に乗ってみたらリアサスのエラストマーが粉々になった。この暑さのせいかとも思ったが経年劣化だろう。2000年の4月に買ったと記録しているので樹脂パーツが壊れるのは仕方がない。それにしても、最近乗らなくなったとはいえ、日本各地を旅した車体が折り畳みというギミックを有してなお問題がないとは恐るべき強固さである。

問題のリアサス純正部品はエラストマーに穴を開けただけのものが1500円する。さすが悪名高き輸入代理店のミズタニ自転車だ。ちなみに本体が現在いくらするのか調べてみたところ、169,050円(なぜか半端)になっていた。壊れたら二度と買えないところまでいってしまっている。
最近は自動車でもPCでも自分で直せそうなパーツはまずネットで同じことをしている人を探すことにしている。するとやはりすぐに見つけることができた。

300円でできるBD-1リアサスのリジット化

たった300円でしかもリジットに変更できるという。早速、近所のコメリでパーツを入手。135円で済んでしまった。先人の知恵に感謝。
bd-1 リアショック.jpg誰も塩ビの継手とは思うまい
posted by ピーコ(日本猫) at 16:44| Comment(2) | ラン・ピーコ・ラン(スポーツ関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

歴史が塗り替えられるとき ランス・アームストロングのドーピング問題

これまでもドーピングに関する過去の記事で何度か取り扱ってきた話題だが、先日ショッキングなニュースが飛び込んできた。

ランス・アームストロングの声明(原文)
自転車のアームストロング、全タイトル剥奪

今年のツールでもフランク・シュレックが引っかかったばかり。「もう充分だ」とはこちらのせりふだ。あらゆるスポーツの中でもっとも厳しいドーピング検査、ペナルティーをもってしても止むことのないスキャンダルはこの競技におけるドーピング効果のいちじるしさを表しているのだろう。
今では、超人的強さを見せ付ける選手を見るたびにドーピングを疑ってしまう。どうせ後から変わるレース結果に一喜一憂するのがばからしくなる。

7連覇の優勝が剥奪され、誰が繰り上がろうがそんなことはレースファンにとってどうでもいいこと、ただその歴史は空白として残されるのみ。

さらば、華麗なる自転車レース。
posted by ピーコ(日本猫) at 11:31| Comment(0) | ラン・ピーコ・ラン(スポーツ関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

新緑の大長谷

大長谷川.jpg
井田川〜室牧川〜大長谷川、ずっと川沿いを走ることのできるナイス・ルート。変化に富んでいて毎日走っても飽きない。
今は新緑を楽しむ季節。
ラベル:ロードバイク
posted by ピーコ(日本猫) at 10:11| Comment(0) | ラン・ピーコ・ラン(スポーツ関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする