2008年08月31日

山頭火

らーめん山頭火
結構大きなチェーン店なんですなぁ。
店の歴史を読んでみると伊丹十三の「たんぽぽ」がきっかけだったとか開店当初から価格が高めだったとあります。
最近の店らしく、席は広々としていてジャズなんか流れたりして小奇麗。接客もいい。

メニューはしお、みそ、しょうゆの順に表示してあり、どれも790円
先頭に書いてある元祖山頭火らーめんのしおを頼む…旨し!すっきりと澄んだとんこつ、かつ野菜の甘みのするスープも完食。しかし、高い。フランチャイズ料を支払って、今時こんなまじめなスープを作っていれば仕方ないのか?それにも関わらず流行ってはいる。

ただ、この90円は微妙。いくら美味しくても気軽に足を運ぶ値段ではないと思えてしまう。
丁度400円に値上げしたとたん行かなくなってしまった銭湯のように。


posted by ピーコ(日本猫) at 08:35| タベネコ(食べ物関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

魯肉飯

魯肉飯ルーローファン、ローバーブンという台湾料理。豚挽肉のうま煮ぶっかけご飯です。
味付けは五香粉という調味料が決め手らしい。

学生時代に近所の中国人経営のホカ弁屋さんで週に一度はお世話になってました。そうそう、ここんチの腸詰も美味かったぁ…。今どうなってるんだろう?
ずうぅっとあの味を探し求めてたけど未だに口にしていない。

ふと、思い立って検索したらレシピがぁぁおぁっあ!週末は中華コックになるぞ。
インターネット万歳!
posted by ピーコ(日本猫) at 08:35| タベネコ(食べ物関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

一品香

いやぁ、久しぶりに踏んでしまいました、地雷ラーメン。店に入った瞬間ヤバイ香りがしたんですよねぇ。常連らしき先客の2組がそれぞれスポーツ新聞だの週刊誌を読みながら、まるで古民家から引き上げてきた畳みたいな色とペッタンコな厚さのギョウザを食べては、頼んだブツが出てくるのを待っています。この時点で踵を返せばいいものを、昭和風情の店構えとおやぢ殿のくたびれた雰囲気に対する好奇心に負けたピーコとフレブルちゃんの負けでした。

頼んだのはうま煮そば、出てきたのは純度100%の化学ラーメンでした。
小心者ゆえ頼んだものを残すことができないフレブルちゃんと空腹に負けて完食してしまったピーコの胃のその後については余りのむごたらしたにつき人様にはとてもお話することができないものとなってしまいました。

富山ラーメンマップ 富山市南部より

4つ星とは、人の味覚はあてにしない方がよいね
posted by ピーコ(日本猫) at 08:35| タベネコ(食べ物関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする