2013年07月04日

Amazon Kindle fire HD 購入

R0011376.JPG
Amazon のKindle fire HD が12,800円になったので衝動買い。どうやら夏のモデルチェンジを見据えた値下げらしい。
これまでKindle はroot化しないと使い物にならないと思っていたのだが、そこまでしなくてもいろいろと使い道が多いことを知り購入に至った。
ちょっとした面倒を厭わなければほとんどのGoogle Play ソフトを動かすことができる。

二年前に買ったNEC LifeTouch L は進歩したアプリの要求肥大化に押し潰され操作することがストレスになっていたところだ。この手の商品はカバーだの保護フィルムだの周辺機器に金をかけず、二年程度で償却するくらいのつもりで使い倒すのが正解だ。ただし、起動ボタンが押しづらい最近の機種ではマグネットに反応するスリープ機能がついていて、これに対応したカバーだけは使った方がいい。使い勝手がすこぶる向上し、ちょっとした調べごとやAVアンプの遠隔操作(オーディオ機器のネット対応も進歩が凄い!)が全く苦でなくなる。

二年の間に進歩したCPUと液晶表示は現時点で最高のコスト・パフォーマンスで、さすがにこの値段でAmazon に利益は出ないらしいが、ピーコがAmazon に落とすコンテンツ代は楽天Kobo 同様、ごく少額に留まるだろう。タダで手に入るものが余りに多すぎるのだ。

posted by ピーコ(日本猫) at 13:02| Comment(2) | 電気猫はネットショッピングの夢を見るか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

楽天Kobo で無料コミックを読む。そして2013年1月1日にはついに!

佐藤秀峰ブラックジャックによろしくの無料公開及び二次利用の完全自由化を発表している。素晴らしい!
で、ペーパーインクKobo の6インチ画面で表示してみたところ。
kobo_bj.jpg
老眼にはちときつい。

他にも先日、楽天が一部コミックの第一巻無料ダウンロードキャンペーンを行っていたのでこれまた完全無料で楽しめる。

そして、2012年に吉川英治が没後50年を迎えた。つまり、来年1月1日に著作権が切れることになる。
青空文庫ではすでに三国志宮本武蔵などの電子化を進めており即日公開してくるものと思われる。ついに青空文庫にキラーコンテンツが誕生する。
文庫本の文字の細かさから長い間触れることのなかった名作との再会を今から心待ちにしている。

しかも、無料!
この素晴らしい電子書籍Kobo gloのご購入はこちらから。アタシの酒代になります ;P
posted by ピーコ(日本猫) at 16:22| Comment(0) | 電気猫はネットショッピングの夢を見るか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

話題の電子ペーパーディスプレイを試す

E Ink が目に優しいというのでamazon Kindle Paperwhite を注文していたのだが、来年の発送だったので待ちきれず、いろいろ物色していたら(悪評だった)楽天kobo の改良版が発売され、こちらの方が自炊コミックを読むのに都合が良いうえ、即日入手できたので乗り換えることにした。
(同時に注文しておいたカメラのキタムラKindle は即納だったがキャンセルさせていただいた。)
coboGlo.jpg
わざわざ陽当たりのいい場所で撮影してみた。あたかも紙に印刷された活字を読んでいるよう。

聞いていたとおり文字はくっきりしていて標準のモリサワ・リュウミンが美しく表示できる。これならばWindows のフォントや縦書き表示に抵抗があった人でも受け入れられるだろう。
コミックは少年コミック単行本より小さく、文庫コミックを読んでいるようだ。それでも液晶画面に比べれば視野角を気にせず自由な体勢で読めるというメリットは大きい。

楽天のローカライズ商品にしては意外なほど(ハードの出来は)よろしい。が、普通の読書好きはAmazon Kindle を手にするのだろう。こちらはなかなかの評判らしく、ついに日本でも電子書籍が根付くかという予感がする。ただ、そんな人が間違ってもKindle Fire の方を手にしないことを祈りたい。

さて、電子ペーパーディスプレイは暗いところでも読み易さに変わりがない。アタシの場合、寝床に持ち込むことも多くなりそうだ。夜間の睡眠導入を妨げないであろうこの光ならば、無料で読める源氏物語Sherlock Holmes を読めば5分ともたずに眠りに落ちてしまうことだろう。
posted by ピーコ(日本猫) at 15:25| Comment(0) | 電気猫はネットショッピングの夢を見るか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする