2013年07月27日

カワトンボの飛ぶ町

カワトンボ オス.jpgカワトンボ オス
ここ八尾町では富山市の街中では見たことのないトンボをよく見かける。瑠璃色の体に黒い翅でふわふわと飛ぶ姿は何かの精が漂っているかのように見えてとても儚い。
いつも自転車で山中にいるか、たまに庭で見かけても警戒心がとても強く、近づくとすぐに逃げてしまうからじっくり見たことがなかった。
今日初めて写真に収めてじっくりと観察することができた。きれいな川のあるところにしか生息しないそうだ。
カワトンボ メス_s.jpgカワトンボ メス
posted by ピーコ(日本猫) at 10:02| Comment(0) | 苗にケモノと書いて猫なのだ(ガーデニング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

ホームベーカリーで作る食パンのコスト

健康志向の高まりによって我が家ではホームベーカリーによるパン作りを心掛けているのだが、このところ小麦やバターが高騰している。
いつも言うように大半の人にとって円安はまず生活費の上昇というかたちで影響を受けることになる。昨今の光熱費、ガソリン代、食費が生活費の大半を占めているからだ。実際に好景気を実感するまでには大手輸出メーカーの給与アップ、中小製造業の給与アップ、内需拡大、内需関連、サービス業の給与アップとじわじわと行き渡るのを待つことになるが、実際には2000年頃、2010年頃がそうだったように大手企業は内部留保を優先させて終了となると予想している。

さて、健康に多少金がかかるのは仕方がないとして、一体どれだけのコストがかかっているのかは常々気になっていたのでこの際、計算してみようということになった。

目先、一番気になるのが材料費だ。
安くあげるにはスーパー特売の「カメリヤ」を使うことだが問題はなかなか特売されることがないことだ。そこでどうせならネットを使い、少し贅沢だがよく焼けるプロ用「スーパーキング」などを買うことになる。こちらの問題点は送料を安くあげるためにまとめ買いする必要があるから保管コストがかかる。
食パンの種類によって「水+スキムミルク」か「牛乳」選ぶのでおおむねこの範囲で一斤分の材料費とする。
材料代.gif
この時点ですでに大手製パン会社の特売用商品と同等〜1.4倍かかってしまっている。
残念ながらこれだけでは収まらず、電気代は掛かるしホームベーカリーはいつまでも使えるわけではない。
電気代はホームベーカリーの仕様書と工程表からざっくりと計算した。
ウチで一番よく作る時間帯、オール電化の朝夕帯の価格としたが、一回当たりコストは材料費に比べれば気にするほどの価格差は出ないだろう。
電気代.gif

問題はホームベーカリーの耐用年数が読めない点で、使い方や個体差のブレが一番大きく予測が難しい。おそらく最初に壊れるのはパン皿の回転部パッキンだと思うが、各メーカーのホームページにも表示がないため、個人的な使用感として予測してみた。
ツインバード製(6,280円)、週2回、3年として313回ならば妥当な線かもしれない。パン皿だけ買い直し(3,000円)本体はもう3年使って廃棄とすると一回当たり、14.8円となる。
(まだホームベーカリーを使っていない人にはここが重大なリスクであって、飽きてすぐに使わなくなってしまえば一斤当たりのコストは跳ね上がることになる。)

ホームベーカリーで作る食パンのコストはしたがって
124.5円〜160.3円となる。さて、これを安いと見るか高いと見るかだが…
posted by ピーコ(日本猫) at 14:22| Comment(0) | 猫にもわかる経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

BD-1 リアサス交換

久々にBD-1 に乗ってみたらリアサスのエラストマーが粉々になった。この暑さのせいかとも思ったが経年劣化だろう。2000年の4月に買ったと記録しているので樹脂パーツが壊れるのは仕方がない。それにしても、最近乗らなくなったとはいえ、日本各地を旅した車体が折り畳みというギミックを有してなお問題がないとは恐るべき強固さである。

問題のリアサス純正部品はエラストマーに穴を開けただけのものが1500円する。さすが悪名高き輸入代理店のミズタニ自転車だ。ちなみに本体が現在いくらするのか調べてみたところ、169,050円(なぜか半端)になっていた。壊れたら二度と買えないところまでいってしまっている。
最近は自動車でもPCでも自分で直せそうなパーツはまずネットで同じことをしている人を探すことにしている。するとやはりすぐに見つけることができた。

300円でできるBD-1リアサスのリジット化

たった300円でしかもリジットに変更できるという。早速、近所のコメリでパーツを入手。135円で済んでしまった。先人の知恵に感謝。
bd-1 リアショック.jpg誰も塩ビの継手とは思うまい
posted by ピーコ(日本猫) at 16:44| Comment(2) | ラン・ピーコ・ラン(スポーツ関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

Amazon Kindle fire HD 購入

R0011376.JPG
Amazon のKindle fire HD が12,800円になったので衝動買い。どうやら夏のモデルチェンジを見据えた値下げらしい。
これまでKindle はroot化しないと使い物にならないと思っていたのだが、そこまでしなくてもいろいろと使い道が多いことを知り購入に至った。
ちょっとした面倒を厭わなければほとんどのGoogle Play ソフトを動かすことができる。

二年前に買ったNEC LifeTouch L は進歩したアプリの要求肥大化に押し潰され操作することがストレスになっていたところだ。この手の商品はカバーだの保護フィルムだの周辺機器に金をかけず、二年程度で償却するくらいのつもりで使い倒すのが正解だ。ただし、起動ボタンが押しづらい最近の機種ではマグネットに反応するスリープ機能がついていて、これに対応したカバーだけは使った方がいい。使い勝手がすこぶる向上し、ちょっとした調べごとやAVアンプの遠隔操作(オーディオ機器のネット対応も進歩が凄い!)が全く苦でなくなる。

二年の間に進歩したCPUと液晶表示は現時点で最高のコスト・パフォーマンスで、さすがにこの値段でAmazon に利益は出ないらしいが、ピーコがAmazon に落とすコンテンツ代は楽天Kobo 同様、ごく少額に留まるだろう。タダで手に入るものが余りに多すぎるのだ。

posted by ピーコ(日本猫) at 13:02| Comment(2) | 電気猫はネットショッピングの夢を見るか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

ミッドナイト・イン・パリ

久しぶりにレビューを書こう。

ウディ・アレンミッドナイト・イン・パリはそれはもう、近年の彼の見せ方からはずれない映画で、オープニングで観光客の目線からパリの街並みを俯瞰したかと思うと、数時間も右も左もわからずに彷徨ったおかげで、もうこの街に自分はすっかり溶けこんでしまったと勘違いしたように思わせてくれるあの旅の感覚。

ずうっと生粋のニューヨーク・ライフを描き続けてきたウディ・アレンがバルセロナやロンドンでは一転して愛すべきおのぼりさんを主人公にするのはいったいなぜなんだろう。ノスタルジーもここに極まれり。

そして、いつもながら結末の放り投げ方が実によい。そこからの新しい生活を想像するのはいつも後にぽつりと残された観客自身の楽しい想像なのだ。

posted by ピーコ(日本猫) at 18:04| Comment(0) | 猫の目レビュー(ネタバレしない映画ネタ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする