2012年11月22日

なんだこれは!

念願のオブジェを購入したので展示。
岡本太郎.jpg
岡本太郎「ノン」と「リボンの子」
posted by ピーコ(日本猫) at 13:08| Comment(0) | 猫の視点から(写真集) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

話題の電子ペーパーディスプレイを試す

E Ink が目に優しいというのでamazon Kindle Paperwhite を注文していたのだが、来年の発送だったので待ちきれず、いろいろ物色していたら(悪評だった)楽天kobo の改良版が発売され、こちらの方が自炊コミックを読むのに都合が良いうえ、即日入手できたので乗り換えることにした。
(同時に注文しておいたカメラのキタムラKindle は即納だったがキャンセルさせていただいた。)
coboGlo.jpg
わざわざ陽当たりのいい場所で撮影してみた。あたかも紙に印刷された活字を読んでいるよう。

聞いていたとおり文字はくっきりしていて標準のモリサワ・リュウミンが美しく表示できる。これならばWindows のフォントや縦書き表示に抵抗があった人でも受け入れられるだろう。
コミックは少年コミック単行本より小さく、文庫コミックを読んでいるようだ。それでも液晶画面に比べれば視野角を気にせず自由な体勢で読めるというメリットは大きい。

楽天のローカライズ商品にしては意外なほど(ハードの出来は)よろしい。が、普通の読書好きはAmazon Kindle を手にするのだろう。こちらはなかなかの評判らしく、ついに日本でも電子書籍が根付くかという予感がする。ただ、そんな人が間違ってもKindle Fire の方を手にしないことを祈りたい。

さて、電子ペーパーディスプレイは暗いところでも読み易さに変わりがない。アタシの場合、寝床に持ち込むことも多くなりそうだ。夜間の睡眠導入を妨げないであろうこの光ならば、無料で読める源氏物語Sherlock Holmes を読めば5分ともたずに眠りに落ちてしまうことだろう。
posted by ピーコ(日本猫) at 15:25| Comment(0) | 電気猫はネットショッピングの夢を見るか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

虚構新聞がtwitter でブレイク

当ブログではかなり早くから紹介していた虚構新聞 2006年の記事だがtwitter にアカウントを作った数年前から新しい記事を書くたびにトレンドに表示されるほど周知されるようになった。

中でもアタシが注目している記事はこれだ。(新しい順)
「iPhone5じゃない」 父親殴った息子を逮捕
3DS買ってきた父親殴る 息子を逮捕
「3DSじゃない、でも…」 父親捜索を呼びかけ
「iPadじゃない」 父親殴った息子を逮捕
「PSPじゃない」 父親殴った息子を逮捕
posted by ピーコ(日本猫) at 10:06| Comment(0) | 猫の散歩道(ネット関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

サボテンの花

サボテンの花.jpg
名も知れぬサボテン通称百均丸が花を付けた。
普段、水も欲しがらず、さほど成長もせず、その存在を主張しない地味な奴だがこのときばかりは誇っていいのだぞ。
posted by ピーコ(日本猫) at 15:23| Comment(0) | 苗にケモノと書いて猫なのだ(ガーデニング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

日本航空の再上場

過去の日本航空関連記事
2010年1月に2.3兆円の負債を残して破綻した日本航空がまもなく再上場を果たす。ピーコにとって過去初めてカラ売りで1円になるまで獲ったという大変相性の良い銘柄である。
想定されている時価総額は全日空よりやや多い6800億円を予定している。ライバルと比較して、利益率で見れば安いが資産価値で見れば高い絶妙な価格設定で、この値段が高いか安いかは判断が難しいところだ。

というのも、比較相手である全日空の最近の株価は
全日本空輸_2y.gif
と一貫して右下がり。増収増益増配と一見順調に見える中、今年7月には借入金返済のために公募増資を行ったばかりだ。

かつての日本航空も株主総会明けに増資を行っては株価を下げ、投資家を裏切ってきた経緯があり、投資家を裏切り続ける業界に、投資意欲は冷めきっているといったところだ。
そういった状況なので今回のIPOは欲しいだけもらえるということになりそうである。

欲しいだけもらえた銘柄という観点では2010年に上場した第一生命の株価が参考になる。
第一生命_5y.gif
超大型株の上場はテレビで大々的に放送され、出だしは好調なことが多い。初値こそ超大型株にはめずらしく14.3%も上げて話題になったが、その後株価は半値になってしまっている。欲しい人に行き渡った株を次に誰が欲しがるのか?を考えればその後の株価は予想が付くというものだ。

さらには、一般に破綻企業の再上場は過去全くもって人気がない。まして今回のような失敗体験が記憶に新しい会社においそれと手を出すシロウトがいるとは思えず、その点マスコミによる報道が一般投資家に効果的に映るとは思えない。

以上の観点から、日本航空への投資は短期的にローリスク・ローリターン(中立)。長期的にハイリスク・ローリターン(売り)であると予想する。
ラベル:株式投資
posted by ピーコ(日本猫) at 18:21| Comment(0) | 猫にもわかる経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする